メガネと韓国旅行。

大学生の時に行った初めての海外旅行は、韓国でした。
ゼミの授業の一環として韓国にある歴史的建造物などを見て回るような研修旅行でした。
ゼミが旅費を少し負担してくれたので、個人で旅行するよりは安く行けたと思います。
しかし、テスト期間中はあまりアルバイトに入れなかったこともあり、現地に持って行くお金に困りました。
同じような状況の友達がゼミ内にいたので、勇気をだして二人で学生カードローンを初めて利用しました。初めはビビッていましたが、なんのその。とても助かりました。

3日間の内の最終日には研修がほとんど完了し、約2時間ほどの自由時間が与えられました。同じゼミの人達の中には、食べ物を食べに行く人や韓国の観光スポットを見て回る人もいました。
そんな中、私はホテルの近くにあった商店街へ行くことに。一人ぷらぷらと散歩しながら見て回ると、魚介類を売る魚屋や鞄を扱う雑貨屋などが軒を連ねていました。
その中で私は歩きながらふと思いました。
「メガネでも買おうか。」
小学生からずっと目が悪かった私は、ふと思い出したかのように新しいメガネを買うことにしました。
何もかも初体験の韓国でまさかのメガネを買おうと決心したのです。

商店街の中で見つけた眼鏡店の中を覗くと、女性と男性の韓国人の店員さんが出迎えてくれました。
しかも、丁寧な日本語で接してくれたのです。初めてことで私も急に親近感が湧きました。
メガネが欲しいと私が伝えると女性の店員さんがしっかりと接してくれました。
びっくりするくらいに上手な日本語だったことで、私も話しやすく店内の色々な眼鏡をかけては試しての繰り返しでした。
30分くらいかけて黒縁のメガネをチョイスしました。チョイスした後は簡単な目の検査と購入へ。

ですが選ぶことに夢中になり、すっかりメガネの金額のことを高い忘れていました。それに気付いてから、幾らの値段がかかるのかとヒヤヒヤしながら身構えていました。
結果、5000円でした。レンズとフレーム込みで5000円でした。
びっくりするくらい安い値段に私は驚愕しました。本当に5000円だけを払って購入することが出来たのです!

その後、自由時間が終わり皆が集合しました。先生に何を買ったのと聞かれて、私は5000円のメガネと答えました。
韓国という土地で1人でお店に入ってメガネを買うという行動に、驚いていた先生達の表情を今でも忘れません。
メガネは結局、1年ほどで壊れました。韓国で購入したことで修理も出来ないままメガネは処分することになりました。
今でもなぜ私はあのタイミングでメガネを買ったのだろうと、自分自身の行動に疑問を投げかけるばかりです。

主婦のお仕事は終わりがない

専業主婦歴○十年の主婦です。

とは言っても、家事育児完璧の完全主婦とはほど遠く、手抜き大好きの不完全主婦です。
そんな主婦でも、家事育児には終わりがありません。

朝目覚めてから、夜眠るまで次から次へとやることがあるのです。
朝一番の仕事は家族の朝食作りと夫と子供のお弁当作りです。

手抜きはするけど、冷凍食品だらけのお弁当は持たせたくないので、私は多めに作ったおかずを冷凍して自作冷凍食品をストックしています。

食事の準備と同時に、洗濯機も回します。
なにしろ子供が運動部なので、毎日の洗濯物の量が半端じゃありません。

男の子が3人もいる友人宅ではどうなっているのでしょう。
日中は掃除、買い物、時には町内の集まりに参加することもあります。

でも、この時間が私にとっては一番の息抜きタイムですね。
自分ひとりだけのランチなら、残り物やカップラーメンで簡単ですから。

子供が帰宅すれば、お便りのチェックや宿題を見たりの仕事が発生します。
そして晩御飯。

結局、主婦の1日って朝から晩まで家族の食事や健康管理で終わってしまうのですよね。
もちろん幸せなことなのですけれど、この毎日やってることが世間的には仕事として評価されていないことが、ちょっと悲しいです。

家政婦さんに頼んだら○○円という話も聞きますが、それはあくまでも話だけのことで、実際主婦業はお金を生み出さないので軽く見られている気がします。

実際、専業主婦の内容を見れば、そこそこのお金が貰えてもいいんでは?って感じですよね。でも貰えないのが辛いところです(*_*)

実際、自分が自由に使えるお金もないですしね。ネットを見るたびに何度お金を借りちゃおうかな…って考えたこともあります。

主婦ってやればやるほど大変な仕事です。
お料理も掃除も終わりがないのでなかなか達成感が得られないのですよね。

毎日当たり前のようにやっている家事ですが、せめて家族から『ありがとう』と感謝されれば、やる気も幸福感も感じられるようになると思います。

脱毛の種類の選び方(レーザー・光など)

フラッシュよりレーザーの方が良いという意見を拝見しますが、 回数や期間以外での効果の違いはなんでしょうか?
知り合いはレーザー脱毛を通い始めたばかりで、レーザーで全身をするのはフラッシュ脱毛より高くかなり値段が違うと言ってました。
回数や一回の照射でぬける量などで違いはわかりますが、効果の持続(数年後)どうなっているのだろうか。
実際のところレーザーやフラッシュで脱毛したその後の違いはどうなんでしょうね。
レーザー=医療フラッシュ=エステが主なので、医療とエステの違いだと、永久性で永久的な脱毛は””医療機関でなければいけない””とされているので、永久性の認められている機械の脱毛機の仕様は医療機関のみとされていますよね。
別の知り合いは医療レーザー脱毛で、最初に始めた、脇やひざ下は、5年くらいたってます。また生えてきたとか増えたってこともなく、満足しています。
自己処理ですが、カミソリで肌に刺激や負担をかけすぎると肌が守ろうと働くので毛をドンドン太く多く生やしていきます。厳密には毛の成長に栄養を与えている毛細血管が活性化してしまうそうです。
なので、出来るだけ自己処理は控えて下さい、と言われました。
最初は安い体験キャンペーンでもしてみようと思っています。

福岡レーザー脱毛

どのタイプの脱毛がいいのかが実際に体験してみないと分からないっていう部分もあるので、まずは安いキャンペーンで試してみます。

友人の何人かは脱毛をしているのですが、レーザー・光などそれぞれ違います。でも効果は出ているみたいだし・・・ネットで調べてみるとレーザーの方が確実みたいに書いているのも見たことがあるんですよね((+_+))

優柔不断な私は、ネットで勧められていたレーザーに行きますが・・・

夏になると面倒なのが毛の処理なのでこの際綺麗にしておこうと思います。

旦那に対する不満

旦那に対する不満をあげたらきりがありませんが、その中でも特に許せないところはまず、子どもの面倒を一切見てくれないことです。

子どもはお父さんと遊んで欲しくて、仕事帰りの旦那にまとわりついていくのですが、仕事で疲れているからといって不機嫌に子どもにあっちに行けというのです。友人達の旦那さんたちは皆子煩悩な人ばかりなので、本当に情けないと思っています。

もう一点は、一切料理が出来ない事。ラーメンを作るとか、ご飯を炊けるとか、ほんの少しぐらい出来てもいいと思いますが、全く出来ないのです。

多分お義母さんが男の子だからという事で、一切料理の手伝いなどをさせてこなかった結果なのでしょう。でも、私が風邪で熱を出して寝込んでいるときに、せめてお粥などでも作ってくれればとっても助かるのに、それさえもしてもらえないのは本当に辛いですね。

料理が少しぐらい出来るように勉強してよ、と言っているのに一切耳を貸そうとしません。

最後に、お金の使い方がルーズであることです。給料だって高給取りではないのに自分が欲しいと思ったものは高額にもかかわらずドンと買ってしまうのです。

しかも時によってはカードローンでお金を借りて買うぐらいもありますからね。

私は一生懸命自分の洋服も我慢しているというのに、なんだか不公平だと思います。確かに、稼いでいるのは旦那ですけれど、家族がいるのですからお金をどんどん自分の欲しいものにつぎ込むのは問題があると思います。

とにかく自分勝手で子どもみたいな旦那にほとほと嫌気がさしている今日この頃です。

自由にできるお小遣いがあったら

もしも自分の自由に使えるお小遣いがあったらだなんて、そんな素敵なことはないと思います。
専業主婦として毎日節約ばかり考えて暮らしていると、もしもお金があったら考えることと言えば、貯蓄したいとか古くなった家電を買い替えるかとか、だんだん夢の無い使い道しか思いつかなくなってきます。
というわけで、今回は思い切り自分本位、わがまま全開にして自分のためだけに使うならどうするか考えてみました。
まずはネットで見て買いたいけれどお金がもったいないしなあとブックマークだけしていた商品を全部買ってみます。
本当はなくても間に合っているアクセサリーやバッグですが、あったら絶対に気持ちが豊かになるものばかりです。
それから憧れのお取り寄せもして、家族で珍しいものおいしいものを食べてみたいです。
あとはネットの本屋さんで新しい本を大人買いしたいです。
いつもは図書館や古本屋さんを利用していたので、読みたいなと思った本を気軽にぽんぽん買ってみたいです。

後は、ずっと昔からの悩みである多汗症を治したいですね。ネットで調べてみると良さそうなものがあったのですが、それを購入する余裕が今はないので・・・

一年中汗をかきますし、ちょっと緊張すてもすごい汗で恥ずかしくなるんですよね・・・どうにかしたいものです。
と、ここまで考えたところで自分でわがままいっぱいにやってみたいことは終わりました。
あとは家族やお世話になっている人のために贈り物を買ったり、両親を旅行へ連れて行ったり親孝行してみたいです。
自分のために使うより人のために使うお金のほうが、思い切って豪快に無駄遣いできそうです。
自分の娯楽にお金を使うことに罪悪感を感じてしまうのです。
これもやっぱり専業主婦の悲しい習性なのでしょうか。

とても食べていけません

まずは家族構成から、小学生の子ども(女の子)1人ありの計3人です。

収入は主人の給料のみで最低のときで約20万/月です。
私は現在専業主婦のため収入は無しです。

出費ですが、
食費や日用品等の生活費が毎月おおよそ6万。
住宅ローンが約8万弱。
旦那のお小遣い・ガソリン代で2~3万。おもちゃを買うことと呑みに出歩くのが好きなので、多いときは4・5万もっていきます。
水道光熱費・携帯代等で3万5千~冬&夏場は4万こえます。
ここで収支+-0(若干すでに赤字)になります。
そのほかにも学校の出費を月5千くらいでみておいて、
毎年払う自動車保険が7万弱、自動車税が7万強、固定資産税は戸建て購入して1年目なのでまだ不明ですが10万くらいでしょうか?(無知です)
なにか壊れたとか慶弔費や家電が欲しくなったとかいう突発的な出費もあるでしょうし、正直その日ぐらし以下で食べていけません。
15年前に購入した車が燃費がとても悪い普通車なので軽自動車に買い換えたいのですが、ローンを組まないと買えないので悩んでいます。
燃費のいい軽自動車に買い変えることが節約になるのか、そのまま乗ってたほうがいいのか悩みます。
お金がおわったらおわったように質素な生活をしたら、旦那も気づいてくれるはずとおもって、いまは危機も感じずなんとなく生活しています。

私が数ヶ月前までパートに出ていたのでその貯蓄を崩しながら生活をしています。
仕事にでないとまずいな~と思いながらも、諸事情があるためいまは働きにでられません。

私がパートを始めたとしても、パート収入って限られているわけなので、それくらいでやっていけるかどうか?っていうのも不思議なところがありますよね。

実はこっそり水商売でも始めようかなーって思っているのです。こっそりっていうわけにはいかないけど、水商売ぐらいしか今から私がそれなりに給料をもらえるものってなさそうですからね。

働いていない専業主婦だともしもの時のためにカードローンも作ることができないですが、水商売でも働いていればカードローンを作ることができるようなので、水商売で働いているときにカードローンを作っておこうと思います。
以上こんな感じです。

お金がない人ばかり・・・

先日生活費に困り、消費者金融でお金を借りました。最初は友達に借りようと思ったんですが、周りも誰一人貸す余裕がないと。。。

なんなら、「こっちが貸してほしいぐらいだよ」って言われちゃいました。

私を含め、私のまわりにはお金に困った人しかいないみたいです。。。(泣)