月別アーカイブ: 2014年7月

旦那に対する不満

旦那に対する不満をあげたらきりがありませんが、その中でも特に許せないところはまず、子どもの面倒を一切見てくれないことです。

子どもはお父さんと遊んで欲しくて、仕事帰りの旦那にまとわりついていくのですが、仕事で疲れているからといって不機嫌に子どもにあっちに行けというのです。友人達の旦那さんたちは皆子煩悩な人ばかりなので、本当に情けないと思っています。

もう一点は、一切料理が出来ない事。ラーメンを作るとか、ご飯を炊けるとか、ほんの少しぐらい出来てもいいと思いますが、全く出来ないのです。

多分お義母さんが男の子だからという事で、一切料理の手伝いなどをさせてこなかった結果なのでしょう。でも、私が風邪で熱を出して寝込んでいるときに、せめてお粥などでも作ってくれればとっても助かるのに、それさえもしてもらえないのは本当に辛いですね。

料理が少しぐらい出来るように勉強してよ、と言っているのに一切耳を貸そうとしません。

最後に、お金の使い方がルーズであることです。給料だって高給取りではないのに自分が欲しいと思ったものは高額にもかかわらずドンと買ってしまうのです。

しかも時によってはカードローンでお金を借りて買うぐらいもありますからね。

私は一生懸命自分の洋服も我慢しているというのに、なんだか不公平だと思います。確かに、稼いでいるのは旦那ですけれど、家族がいるのですからお金をどんどん自分の欲しいものにつぎ込むのは問題があると思います。

とにかく自分勝手で子どもみたいな旦那にほとほと嫌気がさしている今日この頃です。

自由にできるお小遣いがあったら

もしも自分の自由に使えるお小遣いがあったらだなんて、そんな素敵なことはないと思います。
専業主婦として毎日節約ばかり考えて暮らしていると、もしもお金があったら考えることと言えば、貯蓄したいとか古くなった家電を買い替えるかとか、だんだん夢の無い使い道しか思いつかなくなってきます。
というわけで、今回は思い切り自分本位、わがまま全開にして自分のためだけに使うならどうするか考えてみました。
まずはネットで見て買いたいけれどお金がもったいないしなあとブックマークだけしていた商品を全部買ってみます。
本当はなくても間に合っているアクセサリーやバッグですが、あったら絶対に気持ちが豊かになるものばかりです。
それから憧れのお取り寄せもして、家族で珍しいものおいしいものを食べてみたいです。
あとはネットの本屋さんで新しい本を大人買いしたいです。
いつもは図書館や古本屋さんを利用していたので、読みたいなと思った本を気軽にぽんぽん買ってみたいです。

後は、ずっと昔からの悩みである多汗症を治したいですね。ネットで調べてみると良さそうなものがあったのですが、それを購入する余裕が今はないので・・・

一年中汗をかきますし、ちょっと緊張すてもすごい汗で恥ずかしくなるんですよね・・・どうにかしたいものです。
と、ここまで考えたところで自分でわがままいっぱいにやってみたいことは終わりました。
あとは家族やお世話になっている人のために贈り物を買ったり、両親を旅行へ連れて行ったり親孝行してみたいです。
自分のために使うより人のために使うお金のほうが、思い切って豪快に無駄遣いできそうです。
自分の娯楽にお金を使うことに罪悪感を感じてしまうのです。
これもやっぱり専業主婦の悲しい習性なのでしょうか。